昼職と掛け持ちの風俗で稼ぐにはデリヘルの在籍が一番おすすめな件

  • 昼職しながら風俗ってできるのかな?
  • どの業種が一番オススメなんだろう?
  • 出稼ぎが人気だけど在籍はダメなのかな?

昼職の少ない給料を補うために、掛け持ちで風俗を考える人は多いと思います。

さくりな

実際に私も風俗と昼職を掛け持ちしていた時期がありました!

結論からいえば、昼職と風俗の相性は抜群です。特に在籍デリヘルが一番掛け持ちに適していると言えます。

この記事では、私が昼職との掛け持ちで在籍デリヘルをおすすめする理由を紹介します。

この記事を書いた人
  • 元夜職6年生
  • 夜職上がりのフリーライター
  • 2000回くらい出戻り経験あり

詳しいプロフィールはこちら

さくりな
目次

掛け持ちに出稼ぎは選んじゃダメ!

最近は出稼ぎ風俗がとにかく人気ですが、昼職と掛け持ちで風俗をする場合なら出稼ぎを組むのはおすすめしません。

さくりな

出稼ぎは昼職と相性が悪いから、無理して組んでも稼げない可能性があるよ…。

  • そもそも出稼ぎは組めない
  • 精神的にも体力的にも疲れる
  • 保証が出にくい

まとまった期間を空けられないと稼げない

出稼ぎは地方のお店へ泊まり込みで働きます。

なので、最低でも5日くらいのまとまった期間を空けられないと稼げません。

さくりな

昼職があるから5日も空けるのはどう考えても無理だよね…。

稼げないというよりも、あまりにも少ない日数だと受け入れしてくれるお店がないので働くことすらできないんです…。

精神的にも体力的にも疲れる

少ないですがお店によっては3日〜出稼ぎOKみたいなお店もあります。ただ、それでも週末を利用して出稼ぎを組むのはオススメしません。

出稼ぎは12時間待機がデフォルトなので、お店までの移動を含め貴重な休日を全てちんしばに使ってしまうと週明けからの昼職で疲労がピークに達して無事死亡します。

さくりな

それに出稼ぎは勤務時間が長いから精神的にも病みやすいしね…。

お盆休みやGWなどの連休に出稼ぎを組むならまだしも、週末を使って短期間の出稼ぎに行くことは辞めた方がいいです。

保証が出にくい

出稼ぎの魅力といえば保証があることですよね。

しかし、出稼ぎは3日などの短期間だと本当に低い保証しか付かないんです。

さくりな

3日なら保証2万円くらい付けば御の字レベル…

保証2万くらいで貴重な週末を酷使するなら在籍で短時間を繰り返した方が良くない?って思っちゃう。

保証がもらえない出稼ぎなんて何のメリットもないよね…。

掛け持ち風俗に在籍がオススメな理由

在籍で働くことは、風俗だけじゃなく高収入全般で比べても昼職との相性がとてもいいんです。

さくりな

在籍風俗と昼職の相性が良い理由は次の3つです!

  • 通いで出勤できる
  • 短時間の出勤でもOK
  • 指名客を増やせば効率良く稼げる

通いで出勤できる

在籍は特定のお店に入店して働くことになるので、好きなときに通いで出勤することができます。

さくりな

泊まり込みでフル出勤する出稼ぎと比べて、精神的にも体力的にも楽に働けるよ!

少ない時間の出勤でもOK

出稼ぎであれば強制的に12時間待機をさせられますが、在籍なら1日数時間〜でもOK。

在籍にも簡易なシフトはありますが、基本的にはあってないようなものなので自由出勤と言えます。

さくりな

現役時代、なんど当欠を繰り返したことか…。

それでもクビになったりしないのが夜職の良いところでもあります。

昼職と夜職はどっちがいい?両方経験した私が思うメリット&デメリット

昼職が終わった後に気軽に出勤して稼ぐこともできるし、「今日はやっぱり行きたくないなぁ」と思えば気軽に当欠しちゃうのもありですよ!

あまりにも当欠が増えるとお店に干されてしまう可能性もあるので注意!

指名客を増やせば効率良く稼げる

在籍には出稼ぎのように保証があるわけではありませんが、出勤を遅番固定にしておけば必ずリピーターとなる指名客ができます。

指名客が増えてくればお仕事に困ることもなくなるし、「せっかく出勤したのにお茶だった…」なんてこともなくなります。

さくりな

私は指名客が増えてからはお客様の指名に合わせて出勤してたよ。

このように、指名がない日はお休みして、指名があるときだけ短い時間の出勤で効率よく稼ぐことができるようになります。

デリヘルは昼職との掛け持ちにピッタリ!

風俗といっても業種は様々ですが、中でも一番オススメなのがデリヘルです。

さくりな

ソープや箱ヘルなど風俗の中でも色々な業種があるけど、その中でもデリヘルは最も昼職との掛け持ちに適しているよ!

  • 24時間営業のお店が多い
  • 出勤調整がかからない

24時間営業のお店が多い

デリヘルは風俗業種の中でも唯一24時間営業の風俗です。だから、時間に縛られることなくいつでも稼ぎたいときに出勤できるのが嬉しいポイント!

ソープや箱ヘルなどの店舗型風俗は風営法により営業時間が0時までと定められています。

なので、店舗型のお店だと働ける時間に限りがあるので稼ぐにくくなってしまうんです。

さくりな

今日はガッツリ稼ぐぞって思っても時間が足りなかったり…。

昼職とはいえ出勤時間が遅い代わりに退勤時間も遅い会社はたくさんあります。

そのような会社に勤めている方でも、デリヘルであれば深夜帯に出勤することもできるので稼ぎやすいんです。

出勤調整がかからない

店舗型風俗はお店の個室に限りがあるので出勤調整がかかりやすいです。

よーし、今日は稼ぐぞ!っと思っても、お店の女の子の人数によっては出勤できないなんて日も出てきてしまいます…

さくりな

でも、デリヘルならお客様の自宅かホテルでの接客だから部屋数に限りがないよ!

出勤人数が多く稼ぎにくい日はあるかもしれませんが、女の子が多いから出勤できないなんてことは絶対にありません。

まとめ

在籍のデリヘルは本当に時間が自由だし、昼職が忙しい人でも少ない時間でガッツリ稼げるから本当におすすめ!

さくりな

ソープみたいに本番もないから、身体的にも楽な方だしね!

昼職と夜職の掛け持ちといっても業種は様々ですが、風俗の仕事に抵抗がない方であれば一番手堅く稼げる夜職なんです。

でも、やっぱり風俗はちょっと…」という方は、風俗だけが昼職をしながらお金を稼ぐ手段ではないので、他の夜職とも比較しながら検討してみてくださいね!

まずは掛け持ちからでもOK!夜職と昼職を両立するポイント

目次
閉じる